So-net無料ブログ作成
検索選択
プロ野球 ブログトップ
前の10件 | -

プロ野球2014年日本シリーズの勝者はソフトバンク [プロ野球]

プロ野球2014年日本シリーズの勝者はソフトバンク


かなり時期がずれてしまいましたが、今年の日本シリーズはソフトバンクが

4勝1敗で勝利し、見事日本一になりました。

まずはソフトバンクの皆さん、おめでとうございます。

今年で勇退する秋山監督を無事胴上げすることができてまあ良かったのかなと。

甲子園での第1戦目を阪神が勝利した時は、もしかして阪神がこの勢いでいっちゃう

んじゃないの・・・とそんな気もしてたんですがね。

2戦目のソフトバンクの武田投手に完全に阪神打線が抑えこまれたことで風向きが

変わりましたかね。

ソフトバンクの本拠地福岡に移動してからは、なんとなくですが、阪神が勝てそうな

雰囲気が全然なくなってしまいました。

魔法が解けたと何かに載ってたような気がしますが、セリーグのCSで見せていた

阪神の強さがすっかり鳴りを潜めたような感じがしました。

おまけに最後の最後が、西岡選手の守備妨害。

うーーーん、スッキリ負けてた方が良かったような気が(笑)

なんか消化不良といいますか、スッキリしませんでしたね。

けど、リーグ優勝したソフトバンクが日本一になった方がいいかなと思っていたので

この結果に満足です☆

来年はどこが日本シリーズに出てくるんでしょう。

既にFAも解禁になり、色んなニュースが飛び交ってますね。

オリックス金子はどこに行くのか。

今オフ一番の目玉ですからね。

今後も注目です。




ソフトバンクが3年ぶり日本シリーズ進出決定、虎と対決❢❢❢ [プロ野球]

ソフトバンクが3年ぶり日本シリーズ進出決定、虎と対決❢❢❢


パ・リーグのCSファイナルステージはソフトバンクが日本ハムを降し

3年ぶり日本シリーズに進出へ!

セ・リーグは2位の阪神タイガースが下克上を成し遂げ、見事日本シリーズ

進出をすでに決めています。

日本ハムがCSにきて、ファーストステージ、ファイナルステージととても良い

戦いぶりをしていたので、これはパ・リーグも優勝したソフトバンクではなく

日本ハムが日本シリーズに出場するのでは・・・と密かに思っていたのです

が、今日は大隣投手が気合の入ったナイスピッチングでしたね。

細川捕手にもホームランが出て、得点の入り方も良かったのでは。

そして25日からはいよいよ日本シリーズが始まります。

今年はセ・リーグ本拠地スタートということで、25日は甲子園から。

ぶっちゃけ今の阪神は今シーズン一番と言っていいぐらい絶好調。

交流戦などを見るとソフトバンクのほうが有利なのかな・・・・という気がしますが

やはり大舞台ですからねぇ。

何が起こるかわかりません。

今から楽しみですね☆



阪神4連勝で巨人を降し、日本シリーズ進出❢❢❢ [プロ野球]

阪神4連勝で巨人を降し、日本シリーズ進出❢❢❢


阪神がCSファイナルステージで4連勝!

巨人を降し日本シリーズ進出を決めました。

阪神が3連勝して迎えたCSファイナルステージ第4戦目。

日本シリーズ王手の阪神は今日も初回でマートンの3ランホームラン、続く福留も

ソロホームランを放ち初回に一気4点。

もしかして少しは固くなったりするのでは・・・と思っていたのですが、今日の阪神

打線も絶好調でしたね。

多分打線はこのファイナルが今年一番と言っていいぐらい好調なのでは。

CSファーストステージでは2試合で福留のソロホームラン1点だけしか得点できて

ませんでしたしね。

西岡・鳥谷・ゴメス・マートン・福留が絶好調でしたね。

一方巨人打線は今シーズンの悪い時の打線でした。

今日は打順を組み替えて1番に坂本選手が入っていましたが、今日はこの坂本

選手がチャンスで打てませんでしたね。

最終回にホームランをオ・スンファン投手から放ちましたが、第2~4打席の

どこかでホームランが出てれば試合展開も変わってたかもしれません。

まぁタラレバは言ってもしょうがないんですけどね。

菅野投手がいなかったのも巨人にとっては痛かったですね。

先発投手は阪神の方が揃ってるかなとは思っていましたが、まさか巨人が1勝も

できずに終わってしまうとは予想してなかったです。

短期決戦は勢いがある方が有利ということを、まさに阪神が証明してくれました。


けどこのCSも微妙ですよね。

リーグ優勝したチームが日本シリーズに出れないなんて、、、、

優勝したチームのファンも複雑でしょう。

まぁそれがCSの制度って言えばそうなんでしょうけど。

交流戦とCSのあり方が色々と議論の焦点になるのはこういうことが起こるから

なんでしょうが、私的には交流戦とCSは別物にして欲しいというのが本音です。

交流戦をなくしたリーグ戦でリーグ優勝したセパの両チームが日本シリーズ

を争って欲しい。

交流戦は交流戦の勝敗のみで順位をつけて、CSは交流戦上位3チームとリーグ戦

上位3チームで争うといった形でいいと思うんですけどね。

交流戦とリーグ戦上位がかぶった場合はそのチームにアドバンテージを増やし、

下のチームをくりあげるとかそんなカンジで。

まぁ素人の素朴な意見です(笑)

パリーグはまだソフトバンクと日本ハムの決着がついてませんね。

明日決まるのか。

こちらも楽しみです。




CSファイナルステージ阪神が3連勝で王手❢❢❢ [プロ野球]

CSファイナルステージ阪神が3連勝で王手❢❢❢

セリーグのCSファイナルステージは阪神がまさかまさかの3連勝!!

阪神ファンの皆さん、ごめんなさいm(_ _)m

阪神は先発ピッチャーも揃っていて、抑えのオ・スンファン投手も万全

なので、かなり善戦するとは思っていましたが、そうは言っても相手は巨人。

やっぱり巨人には敵わないかなーと思っておりました。

でも蓋をあけてみれば、阪神が3連勝。

それも3戦とも、巨人を圧倒した勝ち方です。

巨人は久々の試合というのもあるのでしょうか。

打線が少し重たい感じがします。

まぁ今年の巨人は例年の圧倒的な強さはリーグ戦では見られませんでした。

かなり苦しいシーズンだったことに違いはありません。

確かに交流戦がなければ、もっと苦しんでいたかも。

でもそれでも最後には優勝してしまうチームなんですよね。

職場で巨人ファンに「阪神が2勝して、ちょっとヤバくなったんじゃないの?」と

聞いてみたのですが、巨人ファンの同僚は「まだまだ余裕!2012年も3連敗して

3連勝したからね!たとえ今日負けて3連敗しても全然大丈夫!」

とホントに焦った様子は無かったです。

さすが巨人ファン。

常勝チームのファンは違うよな。。。

けど、今年はやっぱ違うんじゃないの???

どうみても、阪神の方に勢いがあるんだけど。

菅野投手もCSファイナルステージには出てこられない今、私は断然阪神が

有利だと思うんですよね。

と、色々私が気をもんだところでどうなるものでもないんですけどね(笑)

その結果は明日、明後日、明々後日には判明しそうです。

巨人はやっぱり巨人だった!

という結末になるのでしょうか。

結果が待ち遠しいゼ☆


ソフトバンク秋山監督も退任、CSは日ハムがファイナルへ! [プロ野球]

ソフトバンク秋山監督も退任、CSは日ハムがファイナルへ!

プロ野球ソフトバンクの秋山監督が今シーズン限りで退任することが

発表されました。

秋山監督の奥様は3年前に病に倒れられたということで、今後は家族との

時間を大切にしたいということのようです。

全然知らなかったので、ホントにビックリしました・・・。

気になる後任監督は、元ヤクルトの古田敦也さんや、工藤公康さんの名前が

あがっていますね。

私の予想では工藤さんかな・・・と思ったりしますが、どうなりますか。

そして、台風で順延していたパリーグのCS3戦目。

3位の日本ハムが2位のオリックスを破り、ファイナルへ進出。

1-1で結局延長に突入。

どちらもチャンスがありながらなかなか次の1点が入りませんでしたね。

セリーグの阪神とカープのCSの再現を見ているようでした。

決めたのは日本ハム主砲の中田翔のホームラン。

こういう試合はホームランかエラーかになるんだろうけど、どっちかなぁと

思っていたら中田が豪快に打ち込みましたね。

オリックスは糸井がブレーキでしたね。

緊張感のある良い試合だったと思います。

明日からはいよいよCSのファイナルステージ。

セリーグもパリーグも面白そうですね。

良い試合を期待したいです。


プロ野球新監督が続々決定❢❢ [プロ野球]

プロ野球新監督が続々決定❢❢

プロ野球はCS第1ステージが始まり、セリーグは阪神がファイナルに進出決定。

パリーグは台風の影響で14日に第3戦が行われます。

そして、監督が退任したチームは、後任監督の話題が続々と出てきてますね。

楽天は星野仙一監督(67)が辞任し、大久保博元2軍監督(47)の昇格発表

を待つ段階。

ヤクルトは小川淳司監督(57)から真中満チーフ打撃コーチ(43)へ。

そして広島が野村謙二郎監督(48)から緒方孝市野手総合コーチ(45)に。

西武も田辺徳雄監督代行(48)が昇格がすでに決定済み。

しかし、みんな若いです☆

中日の谷繁選手兼任監督も43歳ですからね。

近いうちにプロ野球の監督も自分より下の人ばっかりになりそうです(笑)

セリーグはDeNAの中畑清監督が60歳、巨人の原辰徳監督が56歳。

中畑さんも原さんも雰囲気が若々しいので、そこまで感じませんでしたが、

こうやって他球団の新人監督さんと並べてみると、やっぱり一世代上って

感じになるのかもしれないですね。

巨人は松井秀喜さんの入閣も噂されていますが、近い将来に松井監督

誕生というのも見らるのでしょうか。。。

そして高橋由伸選手がいずれは巨人を率いていくのかな。

時代はどんどん進んでいくのですね。




プロ野球2015年、各チームの監督は誰?古田敦也は楽天? [プロ野球]

プロ野球2015年、各チームの監督は誰?古田敦也は楽天?


セリーグは巨人がリーグ優勝を決めました。

各チーム消化ゲームもだんだん少なくなってきています。

この時期、どうしても気になるのが監督人事ですよね。

スポーツ紙もこぞってその話題を扱う回数が多くなります。

今年は楽天の星野監督が先日今季限りでの退任を発表しました。

大久保2軍監督、元ヤクルトの古田敦也さん。

今のところ、楽天次期監督として大きく採り上げられているのはこの二人だけですね。

パリーグはオリックスも森脇監督、日本ハムは栗山監督、ロッテも伊藤監督は

変更ないと思いますが、西武も誰が監督になるんでしょう。

潮崎2軍監督が昇格と一部では出ていますが、果たして。。。

そして、ここにきてソフトバンクの秋山監督も優勝を逃した時点で退任になる

のでは・・・と一部ネットで噂されていますよね。

確かに秋山監督は3年契約の最終年です。

でも優勝となれば、そのまま続投するのが既定路線かなと私的は思っていました。

そしてソフトバンクの優勝はかなり堅いと思っていたのですが、ここにきて連敗が

重なったりして逆にオリックスにマジックが点灯。

残り試合数を見てもオリックスのほうが有利なのかもしれませんね。

そうなると秋山監督の立場は非常に厳しいです。

ご存知の通り、ソフトバンクの昨年オフに行った大・大補強。

ぶっちゃけ他球団ファンから見たらかなりエゲツナイ補強でした。

一部ソフトバンクのファンからもやり過ぎなのでは・・・との声が出るほど。

この大補強で秋山監督は絶対優勝しなければいけない立場に追い込まれて

いたと思います。

でもそれが達成できないとなると。。。

惜しまれながら円満勇退どころか、実質的なクビといいますか・・・。

そうなるとソフトバンクの次期監督は誰?ってことになりますよね。

そんでもって、ここでも名前が登場するのが古田敦也さん!

古田さん大人気ですよね(笑)

けど古田さんがパリーグの監督。。。

古田さんにはやっぱり古巣ヤクルトでもう一度指揮をとって欲しいというのが

私の正直な感想です。

もちろんヤクルトファンにとってもそうだと思います。

でもヤクルトも真中打撃コーチが次期監督になるということでほぼ決まりのようですし、

そうなるとその次には宮本慎也さんがいますしね。

古田さんの登場は当分なさそうというのが現状のようです。

そして阪神の監督人事も最近賑やかになってきました。

和田さん、個人的には好きなんですが(笑)


監督人事、まだまだ目が離せません。



巨人優勝!巨人の強さを改めて知った1年 [プロ野球]

巨人優勝!そしてドガベン死亡のニュース・・・


2014年セリーグは巨人が優勝。

今シーズンは主砲阿部の不調、エース内海の不振など前半はなかなか

波に乗れず、交流戦が始まる前まではカープを追いかける立場でした。

息を吹き返したのは交流戦。

やっぱり交流戦の余裕ある日程というのは、良い投手がいるチームが有利ですよね。

交流戦で見事優勝。

順位も一気に首位にたち、それ以降は一度も首位を明け渡すことはありません

でしたね。

一方の交流戦前まで首位だったカープは、交流戦で9連敗するなど苦手の

交流戦で痛い星を何個も落としてしまいました。

やはりカープとしてはこの交流戦の勝敗が大きかった。

阪神もそうですね。

阪神もカープと同じで、交流戦は大きく負け越してしまいました。

この交流戦がなかったらぶっちゃけ巨人・広島・阪神は今でも僅差で優勝争い

をしているはず(笑)

巨人も中継ぎ陣が決して盤石ではなかったし、阪神・広島としは今シーズンが

優勝するチャンスではあったんですが、、、まぁそこが巨人の強さです。

今年はヤクルトやベイスターズに連敗があったりと、多分ここ最近では一番

苦しかったと思う巨人。

それでも終わってみれば圧倒的な強さでリーグ優勝した巨人という感じですね。

広島や阪神との差は何なのでしょう。

やっぱりここぞというところでの強さが広島や阪神以上にありましたね。

勝負勘というんでしょうかね。

常勝巨人の名の通り、勝つ術を知っているように思えました。

そのへんがカープにはなかったのかな。

阪神はそうは言っても優勝経験者もいますし、ベテランも多い。

一方のカープはやっと去年16年ぶりにAクラスに入れただけで、長年

Bクラスの常連でした。

おまけに選手は皆若い。

あと一歩までは追い上げるけど、その一歩がなかなかでした。

まぁカープは発展途上のチーム。

これからですかね。

取り敢えずセリーグの優勝は巨人に決まりました。

でもそれ以下の順位はまだ決まっていません。

横浜DeNAも初のCS進出をまだまだ狙っています。

DeNAはホントに強くなりましたね。

球団の補強のおかげでしょうが、あの打線は恐怖です。

ヤクルトも今年のオフは大補強を行うと名言してますし、落合ドラゴンズも

このままということはないでしょうしね。

これまでの1強5弱の巨人独走態勢というのは今年で終わったのではないか

なと思いますね。

巨人の主力の高齢化は進んでると思いますし、最近大爆発しだした期待の

大田もまだそこまでにはいってないでしょう。

まだCSに日本シリーズが残っていますが、来年のセリーグは絶対おもしろい!

間違いないでしょう。






セリーグ優勝争いの行方は巨人へ! [プロ野球]

セリーグ優勝争い行方は巨人へ!


セリーグ首位決戦は巨人が2勝1敗で勝ち越してマジック8に。

やっぱり巨人は強かった。

広島ヒース、巨人澤村で始まった首位決戦3戦目。

幸先良く広島が4点を先制するも、すぐに巨人がヒースを攻めてたて同点に

追いついて、そのあとは1点をとっては追いついて、取られては追いついての

攻防を繰り返し、どちらに転ぶかわからない状態のまま終盤まで。

とうとう8回表に広島中田をとらえた巨人が、そのまま勝利。

広島7-巨人9

広島の中田は1点リードの8回表にリリーフで登板しましたが、もうこれが

限界という感じでした。

ここまで中継ぎでよく頑張ってきましたが、もう見てるのがツラかった・・・。

広島は先発ヒースが2回に4失点したのが痛かった。

あの4失点がなければもう少し試合運びも違ったものになったのかなと

思います。

ただやっぱり巨人はここぞというところで打ってくる。

選手一人一人が、ここで点をいれるところ、ここは抑えるところ、というのを

よく知ってるなという感じ。

まぁそうは言ってもなかなかそこでキッチリ打てるかというと、全部が全部

打てるわけではないでしょうが、何回かあるチャンスのうち必ず一回は

ものにするというイメージですかね。

カープはまだそこまでじゃないんだなぁ。。。。

それが経験の差というものなんですかね。


パリーグの首位攻防はオリックスがソフトバンクに勝ちましたね。

金子千尋がエースらしい投球でしっかり勝利。

パリーグの優勝争いはまだもう少し決着までに時間がかかるかな。

こちらも楽しみです。


セリーグは今日の巨人の勝利で、優勝の行方はほぼ決まりでしょう。

広島も最後まで諦めずに優勝目指して頑張ってもらいところですが、

残念ながら今の巨人はそこまで連敗しないでしょう・・・。

でも広島にも最後の意地をみせてもらいたいところです。

逆に広島はここで頑張らないと2位の座も危うくなりそうな感じですしね。

広島がCSを地元で行えるかどうか。

残り試合もあとわずか。

あともうひと踏ん張りだ!






セリーグ首位決戦は巨人菅野が鯉を封じてM10に [プロ野球]

セリーグ首位決戦は巨人菅野が鯉を封じてM10に


広島と巨人によるセリーグ大詰め首位決戦の第2ラウンド。

広島1-巨人7で巨人の圧勝。

これでマジックも10に。

広島野村祐輔と巨人菅野の同級生対決は、菅野に軍配。

カープは幸先良く初回にロサリオのタイムリーで1点先制するも、2回以降は

菅野に抑えこまれて、チャンスはつくるもあと一本が出なかったな。

一方の巨人は中盤まで野村におさえられていたものの、6回に1点を返して

野村を引きずり下ろして一挙に3点とって逆転。

やっぱり巨人はここぞというところで打ってくるなという感想ですね。

広島は野村のあとに出てきたピッチャーがことごとく失点。

終盤はもう一方的という感じにさえ思えました。

カープもチャンスはところところで作るんだけど、あと一本が出ず。

エルドレッドもチャンスで回ってきたけど、三振。

う~~~ん、エルドレッドはぶっちゃけ打てそうなイメージがないですねぇ。

まぁそうは言っても、エルドレッドは前半戦のカープ快進撃の立役者。

野村監督もエルドレッドと心中する覚悟で1軍にあげたんでしょうしね。

まぁこの采配はこれで良しということで。

しかし、これで巨人の優勝がだんだんと確実なものになってきました。

今年は打つ人が打てず、投げる人が投げてもダメダメで、全体的に

重苦しいシーズンだったと思うのですが、こんなにダメダメでも交流戦優勝、

リーグ戦も残り僅か残す段階で首位キープ。

やはりさすがというか、やはり巨人というか。

このまま優勝して終わっても、きっとオフにはFA補強しまくりでくるのかなー。

今年のFA市場は賑やかですからね^^;)

グリエル選手たちキューバの選手は入札制になるようですし、どこのチームに

入団するのやら。

今年はカープに優勝してもらいたかったですが、どうやら今年も23年ぶりの

優勝はおあずけになりそうです。

明日は広島がヒース、巨人が澤村。

カープの意地が見たいところですね!





前の10件 | - プロ野球 ブログトップ